らくちんライオン

デザインと育児と整理収納のはなし

ブログのタイトル変えました

2歳の誕生日に子どもの椅子を買った。 今まで使ってきたベビービョルンの椅子が小さくなってきて、足が窮屈そうになってきていたからだ。

息子は1歳ぐらいまで離乳食を全然食べなかった。 食べないだけでなく、嫌がって暴れたり口の中のおかゆをブーって飛ばしたり、 食卓は戦場だった。

全然食べないけれど、体重は成長曲線を上回っていたので栄養面での心配は全くしていなかったが、 本当にこの子と食卓を囲める日がやってくるのだろうか、と思っていた。

そんな息子も2歳になり、今ではすっかり大食いになった。 食べムラはあるものの、家族みんなで楽しく食事できている。

今まで使っていたベビービョルンの椅子は素晴らしく、ベルトがないけど立ち上がれず、暴れても簡単に座らせることができ、 天板は外して洗えるし、汚れも拭き取りやすくて、本当に使いやすかった。

この椅子があったからこそ、戦場だった食卓でも笑って過ごせた。

食べこぼしを片付けること自体はそんなに大変でもないけど、後追いがあったりする中それをやるのは結構大変なのだ。 しかも幼児期の食事はおやつを合わせて4回ある。片付けたと思ったら次の食事の用意がはじまる。 おっぱいあげて、おむつ替えて泣くのをなだめて、寝たかと思ったら次の授乳時間がきて...とやってた生後間もない頃と変わらないではないか!そして作っても食べないし!

そんなふうに困ってる親は世界にきっと沢山いるんだろうな。 みんなにベビービョルンの椅子を教えてあげたい! 大金持ちだったら自分で買って配って歩きたいぐらいだ!

もはや戦友であるこの椅子を手放すのは本当に惜しいけれど、それは息子が成長したということ。 こんな風に色んな物を手放していくのかなあと思うと寂しい気もする。 ちょっと寂しすぎたので、次に買う椅子は長く使えるものをチョイスした。 息子が使わなくなったら自分が使うつもりでいる。 この新しい椅子についてはまた後日書こうと思う。

息子は新しい椅子が気に入ったみたいで、おなかが空いたら自分で椅子によじ登って座ってご飯を要求してくる。 本当に大きくなったなあと感慨もひとしおだ。

そして毎回作っては捨て作っては捨てとしていた時、どうせなら食べないっぷりを写真に残そう、 とはじめたこのブログ「 今日の食べない離乳食 」。 最近ではもはや離乳食ではないし、食べるので全然ブログの内容とあってない感じになっていたのでこれを期にブログのタイトルも変更しようと思う。私の好きな絵本のフレーズからいただきました!

ちなみにベビービョルンの椅子は、息子が突然また遊び食べをするようになるかもしれないので、とりあえずまだ家においてある。

ことばのえほんあいうえお

ことばのえほんあいうえお